誰もいなかった風俗で

辞められない。それが魅力でしょう

これまでいろいろなものを辞めてきた自分。酒、タバコ、ギャンブル、借金。どれも一時期何となくって形でしてしまっていましたけど、今はすべて辞めました。気持ちを切り替えることによって、それらがあまり良い物じゃないってことに気付いたんですけど、頭では分かっていても風俗だけは辞められない自分がいるんですよね(笑)風俗って快感が伴っているので、損をするだけのものではないんですよね。さらに言えば、風俗って女の子が自分のために尽くしてくれますけど、これは代用品がないんじゃないですかね(笑)例えばギャンブルなら、お金さえ賭けなければ他にも代用品はあるんです。ギャブルそのものと同じ行為のゲームとかあるじゃないですあ。それを楽しめばよいって話ですし、ギャンブルは良い物じゃないってことも分かっています。でも風俗に関しては他に代わりになるようなものもないんじゃないかなって。だからこそ、未だに辞められずに続いているのかなって。

雰囲気で決まる部分もありますしね

どの風俗嬢にするかで満足度が変わると思いますけど、同時にどんな雰囲気の風俗嬢なのかによってもまた、自分の好みなのかどうかが決まると言っても過言ではないと思うんですよね。このバランス感覚もまた、風俗の醍醐味だとおもうんです。だからこそ、外見はかなり重要だとは思うんですけど、一方で外見だけではないのもまた、事実なんですよね。だからどういった時に楽しむのか。それもまた、自分でしっかりと考慮すべき問題なのかなって思いますが、自分は可愛い系の人妻風俗嬢が大好きなんですよ(笑)人妻と言えば落ち着きのある綺麗系が多いって思うかもしれませんけど、最近は若くて可愛らしい人妻も増えているんですよ。穏やかで包容力もあって。その包容力が色気を生み、男の期待値を高めてくれるようなケースも結構あるんですよね。だから人妻風俗嬢をこそ指名したいなって思っているんですよ。もちろん人妻だけじゃなく、好みのタイプであれば若くても大歓迎ですけどね。