誰もいなかった風俗で

魅惑の…そんな風俗嬢でした

変幻自在。魅惑。エンターテイナー。この前の風俗嬢、Uちゃんはこういった言葉がピッタリですね。サービス精神と言う枠は遥かに超えています。彼女は男を満足させるというよりも、自分自身を見せつけようっていう気持ちが強かった風俗嬢ですね。だからサービス精神とは微妙に違うんですけど、それでもこちらは満足しました。その点では彼女はエンターテイナーなんでしょうね。相手を満足させるというよりも、相手を楽しませる。風俗も広い意味ではエンターテイメントと言っても良いかもしれません。エンターテイメントと聞いてもピンと来ないかもしれないんですけど、風俗嬢からすれば相手を楽しませるのがお仕事なので、風俗嬢がエンターテイナーだというのは、決して突拍子のない意見ではないと思うんですよね。それだけに、風俗って女の子がどういった気持ちを持っているのかってことをホームページ等でチェックしておくこともまた、大切なことなのかもしれないですよね。

貴重という言葉だけでは語れない

風俗が貴重なサービスなのは、きっと多くの男性が納得してくれると思うんですけど、貴重という言葉だけでは語りつくせないのもまた、一つの事実なんじゃないかなって思いますよね。風俗の良さって、きっと人それぞれ違うと思うんですよ(笑)抜いてくれるという「最後の共通項」があるだけで、そこに至るまでの時間、どのような時間を過ごすのかは本当に人それぞれだと思うんですよね。だから自分なりに、どんな時間を過ごすのかを考えた時、風俗って自由に楽しめるとても貴重なものなんじゃないかなって思うんですよ。それがあるからこそ、風俗ってやっぱり楽しいなとか、他にはない特別なものなんだよなとかいろいろな思いが出てくるじゃないですか。だから風俗で遊ぶ時に考えるのは、自分にマッチしているかってことなんです。誰かの意見を参考にはしますけど、完全に模倣する訳じゃないというか(笑)でも、こうして細かいことをいろいろと考えられるのもまた、風俗の魅力ですよね。