誰もいなかった風俗で

ワクワク感があるだけで最高

風俗にいろいろなものを求めていますけど、やっぱり肝心なことはワクワク出来るのかどうかなんじゃないですかね(笑)これってとっても大切なことですよ。だって風俗は性的サービスである前に「サービス」なんです。サービスの中の性的サービスなので、まずは満足感を求めている人が多いのは当たり前じゃないですか。それで、じゃあ他にどういったことを楽しめるのか。それが求められているんじゃないですか。だから風俗ではワクワク感もまた、じっくりと味わいたいよなって思っているんです。それくらい風俗に対しての期待度は高いんです。ワクワクしつつ、性的な意味でも満足したいものじゃないですか。それらを求めているからこそ、風俗って本当に楽しいなって。だから風俗で遊ぶ時には、自分でもがっつり楽しみたいって気持ちを持って楽しむようにしていますし、後悔しないよう、自分なりにいろいろなことを考えて楽しむよう心掛けるようにもなりましたね。

なぜ風俗なのかといえば…

なぜ風俗に行くのか。その理由はいろいろとありますけど、極論ですが自分のためですよね。そのために、ホームページを見て風俗嬢を決めたり、ポータルサイトをいくつも見て検索をかけて、自分の理想のお店はないのかや、レベルの高い風俗嬢がいるのはどの風俗店なのかを探したりするんですよね。それらはすべて風俗で楽しむための好意だと思うんですけど、これはもう理屈じゃないと思うんですよね。男としての本能だと思うんですよ。男って女の子のことが大好きじゃないですか。そこに大きな魅力があるんです。だって風俗なら好きなだけ女の子と喋っていられるじゃないですか。それって普通に考えたらそうそう有り得るようなシチュエーションではないですよね。むしろ自分でもそんなシチュエーションを楽しむようなことってそうそうないと思うんですよ。だからこそ、風俗は男のロマンと言うか、男としての本能を発散させるための場所と言っても決して大袈裟ではないんじゃないかなって。